すごいなぁと感じた事

先週の日曜からここ数日お天気がほぼ晴れが続いて
青空が眩しいくらいです。
風はひんやりなので時々寒いですが、気持ちのいい夏の終わりを
感じる季節になっています。

昨日、すごいなぁと感じた出来事がありました。

子どもたちがワイワイと集まる活発な教室。
それぞれ個性と個性が入り混じり特色や特長が出て
様々な事に出会いながら学んでいくのかと思います。
活発な子
優しい子、
おもしろい事を考えるのが上手な子、
人付き合いの上手な子、
物わかりのいい子、
上手に自分をアピールできる子、
照れ屋さんだけど心の中では熱いものを持っている子、
ふざけてしまう子・・・でも注意すれば気づく子、
何度注意してもついついやってしまう甘えん坊な子・・・・
面倒見のいい子、
おしゃまな子、
10人いると10通り・・・・
その子たちをまとめるのは至難の業であり、
腕の見せ所でもありますよね。

その発展途上の大事な時期に
『人間味のある方』に出合わせてもらえることは
とてもありがたいこと。

子ども達は友達と過ごしていく中で、
どうしても つまづくことや、うまくいかないことに出会うと思います。
人との付き合いもそうで、仲がいい子とはうまく出来ても、
普段あまりかかわらない相手とは
ちょっとした誤解から、相手に対して先入観を持ってしまったり、
ゆがみが生じたり、
その子への違った思い込みが生まれてしまったり・・・
大人でもありますよね。

そういったマイナスな部分を
少しづつ方向転換しながら考え方を変えることはできるのか・・・・
相手の良いところを見つけながら、認めたり認め合ったり
努力しながら、前進することが可能なのか・・・・


完ぺきとは言えないかもしれませんが、
日頃の努力や意識をした結果、
そうした姿を垣間見れる・または努力した結果の
姿がそこにあるのだなぁと私は感じました。
もちろんその後ろで、子どもたちをサポートする人達の
素晴らしい声掛けがあってこその結果だと思います。
私の耳に多く残ったのは、
「素晴らしいと思った」「凄いと思った」「気持ちは分かるよ。でもね・・・」
「考えてごらん」(確か自分で考えてもらうためのそんな感じの言葉)
そんな声掛けが
日常の中で当たり前に飛び交っている教室は
笑いが絶えず、ピリッとするところはピリッとメリハリがついていて、
子どもたちが皆生き生きしているようでした。

子育てする上でも
『声掛けや言葉』はどれも見習うものが多々ありました。

言葉一つちょっとだけ工夫することで子ども達はやる気と意欲がみなぎり、
人を認め合い、生き生きと出来るんですね~♪

『相手の気持ちに寄り添って…』
そんな言葉が思い浮かびました。
子育ては『人づくり・心づくり』ですよね。
工夫しながら頑張ろう⤴っと思ったのでした。


IMG_0992.jpg

それではまた~
良い一日を(*^_^*)
スポンサーサイト

あぁ たんじょうび

昨朝の大・大ハプニングでスタートした娘の誕生日当日。

娘を送り出してからは、気を取り直し色塗りと効果線をカキカキ・・・・チョキチョキ・・・・・
午前中で片付ければよかったのに、早めのお昼で帰ってくる前まで
完成させればいいかなっと、安易に考えていた私。

母は母で豆ごはん(赤飯)の好きな孫だからと、
お赤飯を炊こうかしら・・・と考えてくれていたのですが、
最近お豆ごはんがレアではなくなったのか(祝いの席でしか炊かない貴重なもの)
から、希望すれば=好きと言えばランダムに食べれるポピュラーな食べ物と
感じているのか、お豆ごはんさえも食があまり進まない様になった。
そうなると、お豆ごはんは止めて、クリームが好きだからと、
「グラタンで行きましょうか!」って事でこちらも母が作りやすいグラタンに。

そうだ!ケーキ・・・・と、思った時。
去年、通常の生クリームにイチゴサンドしたデコレーションケーキを用意したものの
食べられたのは生クリームとスポンジだけ。
何となくまだ美味しい部分が食べられないことを思い出した私は、
ふっと、ケーキで好きなものは・・・・と考えた。
そこで思いついたのは「シュークリーム
シュークリームならがっつり ほおばってもらえるわね⤴と、心弾ませるも


・・・・・・・・・・・・・それって一番過酷やん


実は私、シュークリームは軽いトラウマみたいなのがあって、一番避けてきたもの。
学校の卒業制作で成功して以来1度も成功してない。
シュークリームがたべたいなぁと家で作るも、カスタードは簡単なのに、
『  皮   』  の生地が上手くいかない。
膨らまない以前に  タマゴ液を入れたる度に生地が分離していく
その後、何度も何度も挑戦したものの、結果1度も成功したことがない。
さらに、何とか克服したいと結婚して間もない頃?
甘いもの好きの主人と習いに行ったケーキ教室でさえもひとり寂しく失敗してしまい・・・・・・
もう私にはシュー皮とは縁がないのね・・・・・
じゃあ・・・・・・食べるわwんと戦線離脱したのでした。

あの時(卒業制作)なぜうまく出来たのか、どういう行程だったのか全く覚えてないけれど、
鏡の上に並べたコンペイトウの星と共に浮かぶシュークリームのスワンたち。
あれは奇跡だったの?と、なんども疑った。

そして今なお
        いまさら?!


そういえば昨日何気に行った本屋さんで
      「シュークリームの作り方」の本を深読みしていた。
これは作れのマエブレかも?!

と、変なやる気を起こして慌ててバターを買いにスーパーへ。
頭の中では    失敗したら、『近所のシュークリーム買い漁ろう』と
何度も言い聞かせつつ・・・

いざスタート!! 
とにかく手早くが命!!
ひたすら今までのメモやレシピを何度も見直して始まった
いきなりのシュークリーム作り
(おーい!絵がまた完成してないけど・・・・・・)
いつものえっちら おっちらの私は置いておき、
ひたすら  ひたすら   ひたすら  混ぜました。
でも、やっぱり分離寸前?!
木べら ゴムべらべら兄弟ではだめなのか・・・・
ダメなのか・・・・
ダメなの・・・・・
ダメ・・・・・
ダメなのかも・・・・
の、不安から、ええぃ失敗がなんだ!!!と妬けになりながら持ったのは
ホイッパー。
しかも、100均のスカスカなホイッパー。



ところが・・・・ひたすら暑くもないのに汗をかきながら

混ぜて、混ぜて、混ぜまくったその先は・・・・・

タラーン♪ 
IMG_1165.jpg
こっ  これは!
もしかしてあの忘れかけていた・・・・シュー皮の成功バーション??

イヤイヤ焼いてみないと分からん。
焼いているうちにプシューッとつぶれて・・・・・・チン残念ってこともあるし。
恐る恐る、でもてきぱきと絞り出し、いざオーブンへ!!!
何が出るか 膨らむか
 IMG_1166.jpg待つとこ数分・・・・ 
IMG_1167.jpg おっ!膨らんできた!!!いい感じ?!


これはもしかしていけるんちゃう?
いけちゃう?


タラーン!!!完成です!!
(まだカスタードも作ってないし、これがどうデコレーションになるの

IMG_1168.jpg
もうあまりの嬉しさに、感激!!
バスで帰ってきた娘を引き取り、もう一度夢ではないことを祈りながら・・・・
再チャレンジ!
IMG_1169.jpg
シアワセのぷっくりシュー皮増殖中(>m<)q
IMG_1170.jpg
完成!
そしてタワーに!!
IMG_1171.jpg
あまりにバタバタで、シュガーパウダーをかける手間もなく、

なんとか無事にケーキも出来、

そして、慌てて残りの作業をしてポスターも完成し・・・・プレゼントを手にした娘。
IMG_1172_20140829095213499.jpg
ポスターにもまぁまぁ喜んでくれて・・・・・
頑張った甲斐ありました。
いい思い出として残ってくれたらいいなぁ・・・・と、一人疲労困憊なのでした。
シュー皮克服な日にもなりました⤴アリガト!
IMG_1174.jpg

次は9日後。とその1週間後。

母はいったい何を企む・・・・ムムム(・_・;)
IMG_1180.jpg

それではまた~
良い一日を(*^_^*)

誕生日会準備 第1弾の始まりは・・・             ドタバタ・・・\\\(゜Д゜\) (/ロ゜)///

昨夜の寝かしつけで、全く起きられなかった私が目覚めたのは
今朝5時10分を廻ったところ・・・。
うん・・・っ!(p_-)・・・・・・・・・・・・・(・。・; ハッ!!
すっかり寝過ごしたぁ!!!((+_+))

ホントは昨夜のうちにに終わらせるはずだったのに・・・と、
垂れ幕代わりのポスターの色塗りをするのに部屋を出ると灯りが・・・・・
色をぬりぬりしている御方が!!!

ありがたいことに助っ人パパが頑張っていてくれました⤴
ありがとぅ!!
なんだか嬉しくて、しばらくぼーっと見ていたら・・・・
ほっこり浸る(なかなか目が覚めない自分)・・・・
ぅんがっ!っと喝を入れ、
私もやらねば!!
と、作業をしようとおもった束の間


ぱたっっと開いたその先には・・・・・ドアノブをつかむ
主役の・・・・・むすめ(p_-)
「ひぃぃぃいぃぃ・・・・・・っ!!!
(゜Д゜;;)//~~(ΘθΘ;)//~~

※人は予想外のことが目の前で発生すると 声にならない悲鳴が出る・・・らしい
何やら足音がトコ トコ トコ トコ トトト・・・と、聞こえたらしい・・・・
(戸を閉めていたのでまったく足音に反応できなかった私)

そうなんです、予想外に娘が早く起きてきてしまい、
IT’s さぷらいず    が 水の泡に・・・・・チン<(_ _)>

しばらくはただ笑うしかない・・・・・と
まんがみたいに「ハハハハハッ」っと主人と二人 笑うしかない状態。
すると娘、
「(-。-)y-゜゜゜また 寝坊しちゃったぁ・・・・」と、一言


”えっ”(゜_゜;っと思っている間に何を思ったのか、
とことこ~っと主人の隣にちょこんと座って


「・・・・私もいろぬりするぅ」(._.)φメモメモ体制
すると、途端にもじもじ。

これはもしかしておしっこサインと思い、すぐさまトイレへ。

あうんの呼吸で主人は片づけをしてくれて、
用を足した娘をつい最近手に入った「妖怪本」をエサに
「パパとお部屋行ってこれ観ようかぁ~」(~_~;)
と、誘い無事に布団へ。

やっぱり二人目は何が起こるか分からない・・・・・・
(※わがやでは兄がやらないことをする意)

後で主人と二人
「きっと寝ぼけ眼だったから、何していたかなんて
                       分かっていなかったよね~。」と、
笑い話になったのでした(爆チン)
誕生日準備第1弾・・・・始まりからこうだけど、
とりあえず準備を着々と進めて、楽しい時間になることを祈。

それではまた~
良い一日を(*^_^*)

キョウヲ ヤスモウ

IMG_1151.jpg
2時間ほどの会議のあと
時間が空いたと先をみる
早めの準備が大事だと
本腰入れて取り組むも
所々で別件乱入
それでも 何とか力を合わせ
3か月先は楽々だろうと
夢を見つつ 完了させて。
あとはその時を待つだけと・・・・
安心したのも束の間で
お迎えの時間ギリギリと
スリッパ鳴らして走った先は
終わりを迎えた花たちが
玄関先でハラハラと花弁をふって散っている。
辞書5冊?
重量感あるかばんをかついで
花瓶をむりやり指にはめ、
向かい風にあおられて
フラフラ チャリをこぎながら
家路に付いたら1分前。
焦った気持ちを押し込んで
何事もなかったように・・・(かばんはしょっていたね)
迎えに間に合う。

ほっとしたのか部屋の中
目蓋がどんどん重くなる
帰った娘は嵐の要求
やっとのことで落ち着いた頃
娘が積極的にお手伝い。
ときどき手をださないでと思うけど・・・
洗濯物の片づけも
お肉に粉をつけるのも、
折角のお手伝いを
喜べず・・・・・
心の底ではありがたくとも

今日のママはわずかな電池・・・・・

粉を付けると
もみもみ ぎゅっぎゅ
ちいさなてのひら一所懸命
なのにありがとうと褒められず
言葉が少しきつくなる。
結局 先にゴメンネで
ありがとうが後にくる
そんな心を溶かすのは
まっすぐのびる「うん」といったあなたの心。
きょうをしっかり休んだら 
明日はにっこりありがとうをめざすから!
IMG_1150.jpg
シャボンの様にふんわりふわり・・・・
こんな日もあるよね・・・とまとまりもなくつづりましてごめんなさい。

それではまた~
良い一日を(*^_^*)



おひさま と おつきさま

今朝は目覚めたら4時。
もうすっかり外は真っ暗なんですねぇ。
冬がちかづいてるぅ~(・_・;)!!

朝の4時といえば。
日の出を感じた身体の細胞がフツフツ踊りだして、
空の明るさが目覚ましとなり、
目が覚めるとおひさまが窓の外から光をいっぱいに放ち
その光をあびてますます元気が湧いてくる。
そんな朝でしたが・・・・陰暦8月の異称ー葉月。
葉月?
どうしてかな?

そういえば・・・・
庭いじりをしていて感じたこと。
花が終った草花たちは、枯れ行くものもあるけれど
木々や二番花を咲かせるものたちは
1年の中でもっとも葉を茂げらせて
それぞれがそれぞれを主張して
十色(といろ)のグリーンを躍らせる。
緑が長く伸びた様は
いきいきと風に揺らめき 
時にサラサラと
時にざわざわと
音を換え、姿を変えて 演出中。
秋の実りを迎えるころは 存分に力をだし尽し
赤や黄色に染まった葉を 風に誘われヒラヒラと
どこでもキャンバスにして配色中。
別では実った種子をぶらさげたり 
花を咲かせ
今年最後の有終の美を迎えるのでしょうね。

そんな風に感じたら ひとりフムフムと納得です。

なかなか出てこないおひさまに・・・

おひさまは別の世界で忙しく、
やっこさ やっこさ 光をそそぎ 
それでも足りぬとフル回転
いそげ いそげと 燃え続け すっかりこちらは夜のまま
真っ暗空を見上げても いずこのおひさまあらわれぬ

「いえいえ心配なさらぬとも…」と、
のんびりやさしい おつきさま 
天(そら)を一層藍色に 
キラキラ小さな星浮かべ
にっこり微笑みこう云った

あのかたほどは 照らせずとも
あなたのこころは 照らしましょ

おひさまも大事。
お月様も大事。
どちらも不可欠で、どちらも家族のよう
そんな家族に照らされて
きょうも幸せ ありがとう
IMG_1148.jpg
まだ明けない空を見ながらそんな事をおもってみたり・・・
5時をすぎたらあわてたおひさまがいつものように空を照らしはじめました⤴
よかった よかった


きれいな空だねぇと、カメラを向けた私に
「こういう空の時ってシシャが下りてきているんでしょ?」
「そうだね。よくそう云うよね。」
「シシャって死んじゃったひとを迎える使者だよ。天国へ導くみたいな。」
と、真剣に話す彼(息子)。
「そうなの?私は使者=神様の使いがこの世界に下りてきて
 知らせをもってきていると思っていたけど・・・・」
「へぇ~」とふたり。
どちらも神秘だねと思った昨日の夕日でした(笑)

それではまた~
良い一日を(*^_^*)

久しぶりの庭いじり

うぅーん 筋肉痛

足も腰も、指1本1本までも・・・・筋肉痛っ

久しぶりの運動?

いえいえ、庭いじりです

庭いじりで?!って笑われるかもしれませんが、結構な重労働なんですよ(笑)

そもそも始まったのは父の庭 大改造(案)から。
ロックガーデンを素人がいじること(庭石を動かす)自体、生身の人間では無理でしょう。
1体何㌧の石がゴロゴロしていると思っているんですかぁ!!
と、5月か6月に申し立てた庭。
あれから数か月。
あちこち石の引き取りを問い合わせてみるも、残念目星もつかず。
本当はかなり希少な石らしいんですけどね。
石を生かしてロックガーデンの良さを引き出そうと・・・・相成りました。
ただこれから管理する方の年齢のことや、冬囲いなどの手間なども考え、
いくらでも伸びて、いくらでも剪定が必要だったり、落ち葉を拾ったりの
モミジなどの手がどうしても必要な子は今回御礼を言って撤去し、
枯れたり、傷んだりしているものもこの機会に撤去などをすることになりました。
実はモミジって、切っても切っても何ぼでもでてくる強い子で、
(モミジはあえて庭に入れるものではなく、山などで愛でるものとわかりました
根から引き抜くだけでも相当大変な作業。
素人ではとても出来るような状況ではないので業者さんに頼みました。


業者さんが入る・・・・・と、のんびり構えていましたが、
以前、オープンガーデンをされているオーナーさんが業者に頼んで
あらら・・・失敗の悲痛な話。
『土止めしていた木材が腐って危ないからと、業者に作業を頼んだら、
 ブルーシートが引かれ、材木などがいくつも置かれたまでは良かったのですが、
 その下には苗や芝生がそのままで、撤去後にはほとんどダメにしてしまったの。
 これは予想外でした。ほんとうにがっかり。』
と、泣く泣く心境を教えて下さったのを思い出し、私たちも二の舞にならないように
業者さんが入る前の今。
周りにある まだ花が終わったばかりの子や、
これから花蕾をもつような子たちを・・・・・・
工事中に折れたり、傷んだりの被害に合わないようにと急遽庭作業。
雨続きだったのもあり土はかなりしけってはいたのですが、
この際そんなことも言ってられず
植え替えたり、手つかずだった荒れた花壇を作り直したり、
狭い鉢の中でジャングル化している子たちを
地植えにして来春からも楽しめるようにしたり・・・・・
ひたすら堀り上げる→土を混ぜる(堆肥や肥料など)→運ぶ→植え替え
を繰り返し作業は結局丸1日
昼にはふらついていた足取りに気力だけを振り絞り喝を入れながら
塀を上り、隣の車庫まで伸びてしまった
全くわからないツルとか枝を払い、ずっと日の目を浴びれなかった
淋しい梅と書いて『リンショウバイ』を救出!!!
更には数年前から種苗で買っていたユリが花期を過ぎ、頭なしの状態で残っていたのを
球根を掘り上げたり。

庭仕事って本当に次から次へと作業が出てくるので大変は大変なんですが、
やっぱり楽しい⤴
何処までも作っていく過程と、出来ていく満足感と、
またそれを来年に楽しめるシアワセ。
これはガーデニングならではの楽しみだと思います。


そんな私の横では、筋肉痛とは無縁の庭大改造案を出した父。
念願だった風よけトレリスを
幸運にもご近所のNおじさん(ブドウ棚の時もおせわになりました)が
また手伝って下さってすっかりご気分がよろしい様で。
本当に頭が下がります。
なにより一番ありがたかったのは、枝処理を喜んで引き受けてくれた息子。
次々に運ばれる枝を手際良く慣れた手つきで作業向いてるよ~(笑)
・・・・お駄賃あげなきゃ(いつもありがとね
四分の三までなんとか進んだので、のこり少しをまた時間を見つけてきれいに
してあげたいなぁと沸々と思いつつ、
気持ちだけは庭に先走りして身体は動かずしております。
筋肉痛から解放されたら頑張ろうかなぁ・・・・でもまた筋肉痛になるのか(苦笑)
どこまでも えっちら おっちらな 私であります


それではまた~
良い一日を(*^_^*)

ファミリーパーティーの支度?!

ときどき困ること。

無い袖触れない時に、カレンダーの関係で2日とか早くに
お給料を頂ける・・・・ありがたやぁ~ ありがたやぁ~
と、思いながら懐が温かになってほっとする。
しかし、夏休みが終わっていない子どもたちがいて、
大切なお盆を迎え、
みんな揃っての連休を頂いたとなると、
やっぱり普段できないお出かけが増える。
そして今月は31日と1日・2日暦で一番長い月。
そんなことが重なると・・・・・ありがたやぁ~と思っていた懐は
だんだん だんだん すきま風。
カレンダーをふと見ると、今後の予定はイベントだらけ
イベントの多さに泣くのか…・
日の多さで泣くのか・・・・
上手に乗り切る技があったら教えて欲しい(苦笑)

そんな懐事情は置いといて、
少なくとも(事情が伝わらないように)イベントを盛り上げられるように考えなくては・・・
照れやな子たちが、ものすごーく興奮して
カメラを向けられても忘れちゃうくらい楽しんでくれるような
ファミリーパーティーを♡
もちろん家で。

以前初で試みたこと。
事前に好きなキャラを聞き、ポスターカラーで色付けしながら
描いたHAPPY BIRTHDAYの手作りポスターに・・・
(このころはドラクエにハマっていて、描いてる本人全くドラクエ知らんけど
 主人公?キャラを息子風にチェンジして・・・・好きだといったキャラと一緒に)
IMG_1144.jpg
こちらは紐が切れちゃったけど・・・・・
天井に吊るしたポケモンキャラ・・・画用紙に描いたけどペラペラだったので、
牛乳パックを張り付けて強度を増して完成させたもの(カロウジテ残っていた1体)
IMG_1140.jpg
ドラクエキャラで今となっては名前わからないけれど・・・
IMG_1141.jpg
こちらの形にかたどって事前にキャラの後ろにクイズを書いたもの3体を準備して、
宝物さがし形式でプレゼントを探し当てる・・・・
IMG_1143.jpg

そんなことをやったなぁと薄ら思い出しながら・・・・
その時は、打ち合わせも半端で、隠す場所も当日ワタワタ決めてしまい、
大人まで困惑と子どもと一緒にお互いに興奮しちゃって
カメラを回す事も出来なかったけれど、とても楽しんでくれたよね~
今回は・・・・
折角流行のキャラが出来たから何となく↑↑↑をやってみたくなってたりして(笑)
バルーンも良いかもね。
女の子だし…バルーンアーチで誕生日会なんてのも良いかもね。
もちろん100均で。
(アナ雪には全く目もくれなかったうちの子・・・・穴雪だったみたい)
そんなことをしていたら懐かしくも数枚出てきて・・・・
このポスターとかを学祭みたいに楽しんで作業してくれた主人へ息子と一緒に描いた1枚。
IMG_1146.jpg

IMG_1147.jpg

そして娘が生まれ、
あっという間に、幼稚園入園間近の手探り状態で再スタートした
トイレトレーニング。
何度も失敗を繰り返し、
幾度となく挫折をして、
ようやく初トイレトレーニングがスムーズにできるようになった時の1枚。
IMG_1145.jpg
トイレが出来ると1つづつキャラが増えて、話しかけてくれる。
このころドラえもんが好きだったので、なぜかのび太を描けと・・・・
みんなトイレが出来たことを喜んでいる感じで描いていたら喜んだ。
最後は自分でも書き込んでくれた渾身の?!1枚。


つい最近のことなのになつかしぃ⇗
脱線すいません。
…修正して。
懐事情を考えて、そんなに差支えないよう工夫したいところなのです。
また疲れて眠たいところをお手伝いお願いするかも~♪・・・・(笑)
とりあえず、誕生日準備沸々と思い描いています。


それではまた~
良い一日を(*^_^*)

共に生きるとは…

8月も残りあと1週間。
日々涼しく感じるようになりました。
先日ジャガイモ堀頑張ったのに・・・堀り上げが早かったと言われ
こんな暑い日にぃと思っていたのは正しかったようです。(笑)
あまり早く上げてしまうと、菌が発生して腐ってしまったりするんですって。
なれないミニくわで手探りの芋掘りは、要領得るまでが難しく、
何個も「さくっ」っとイモに差し込んでしまい、もったいないことをしまいました
それでも家で食べるには十分なほど出来たかと思います。

今は子ども達の好きな「枝豆」が旬を迎えて、主食以上に手が進む食材です。
でもこの枝豆は子どもや人ばかりが好きなだけでなく、
シカも、鳥もみんな大好き⤴
作る方は厄介ですが、
私にとっては新鮮な出来事です⤴
IMG_1138.jpg

待ちに待った春が来て
あたたかい風が吹いたとおもったら、
つめたぁい風が吹き荒れたり、
身も凍るような雨が降ったり、
春はけっして優しいものではありません。
ですから毎年この時期は、
お天気と気温と地温と睨めっこ。
寒いと種はカゼをひくのでそれはもう
気を遣うのです。

そうしてようやく その時が来て
おいしくなぁれと土に沢山堆肥を混ぜ込んで
一粒一粒大切にふっくらほっこり土のふとんをかぶせて一休み。
楽しみ 楽しみ と笑みがこぼれる。

ところが・・・
種を植えたとしるしもないのに、においを嗅ぎ付けたものたちが
すたこらさっさとタネ泥棒

こちらの食べる楽しみ知るべからずで
一夜にして種だけ上手に拾っていく

それでもなんとか残った種は 夏を迎えるころには
上へ上へと葉を茂らせる。
青々として風にざわざわ揺れる葉の下では
花を咲かせて実を実らせる準備も進んでいます。

ところが ところが
夜半になると黒い影。
のっそりのっそり畑に近づき
彼らよりも高く張った鉄線を
自慢の脚で 高く高く空に舞い 
いとも簡単に飛び越えて
夜露にぬれたきらめく若葉を
むしゃり むしゃりと それはもう おいしそうに食べるのです。
そして足跡と、頭の無い食べ残した枝だけ残し
茂みの中へ帰っていく。
悲しい気持ちにはなるけれど、
食べ物が無ければ生きられぬ。
ホンモノだから食べられる。
オイシイから食べにくる。
そうしてまた 来年も同じことを思うだろう。

IMG_1136.jpg
動物も生きていくのに必死です。
作っている方はたまったもんではないんですが、
共に生きるとはそういうことと、いつも私は思います。
分け合える幸せ。
家庭菜園だからこそ そこもまた楽しめたらいいなぁと思うのです。

とはいうものの・・・・なかなか寛大にはなれないですよね~
IMG_0750.jpg
こちらのアジサイは今・・・・
IMG_1127.jpg
このように色が変化しました。
毎年のことながらきれいなグリーンです⤴

それではまた~
良い週末を(*^_^*)

家族ってありがたいよね

北国に住んで40年。
私はいまだかつて地元を離れ、他の地に住んだことがありません。

先日、「9月に行くわ」と嬉しい感溢れるメールを母と私にくれた姉。
そのメールを見ながら私たち二人・・・・・
「部屋もないのに(自力リフォームで姉の部屋がなくなる)
                       毎年楽しみにしてくれるなんて私たちも幸せだよね。」
「そうよね。友達の中には部屋が無いからもう帰らないっていう子もいるって聞いたよ。」
「そうなんだ。姉はよっぽど実家好きなんだね。」
と、笑いながら会話していました。

帰るところがあるっていいなぁと思う反面、
帰るにあたって色々お金の面でも生活の面でも大変な事は
多々あるのでしょうから、今の自分には無理だなぁと思うのでした。

仲がいい?もちろんケンカもします(笑)
ただ、長引くことはあまりないかな。
そうできるのは、数十年前家族が結束して乗り越えなければならない
出来事があったから。
人の心に寄り添う。
そんな貴重な事が無ければ今の関係は無いように思います。
健康ってありがたいよね。
家族ってありがたいよね。

迎えてくれる家族がいる幸せ。
受け入れる幸せ。
そんな事が毎年出来るのは本当に幸せなことだなぁと
つくづく感じます。

「毎日賑やかでいいねぇ」というけど、渦中の本人たちは大変なのよ。(苦笑)

いつも突然何かが始まるミラクルな父と、
相変わらず片付けがちょっぴり苦手な母と、
毎日「ねぇさん事件です(笑)」となにかしら騒ぎつつサクサク作っている妹と、
それをあたたかく見守り、時々汗な主人と、
トムソーヤの様に毎日なにかしら笑いのネタを出してくれる息子と、
小さいくせに兄がする事を自分もできると思い込んでいる娘・・・・・、
この6人で
今年も何かが起こる?????かも・・・・しれない我が家に
振る袖はないけど、ネタはあるよ?

そんなことを思いながら
家族が集まれる幸せを感じる今日この頃でした。

それではまた~
よい1日を(*^_^*)

スロウでいいから・・・自分はハイスピードで。

IMG_1115_20140821010019bd2.jpg

今朝は晴れに近づくも、夕方にはどんよりとした雨雲が
ながーく空を覆ってました。
お盆が終わったとたんに、風も冷たくなり、雨もひんやりとして
先月まで19時を迎える間近まで明るくて、何かまだ出来る気がする⤴
みたいな感じで心のどこかで子どもみたいに浮き足立つ感じがありました。
が、、、、、
お天気の具合にもよるのか、17時を迎えるころには日がだんだんと
暮れていき、昼間の時間が随分と短く感じました。
皆さんの地域でも日が短くなりつつあることを感じているのでしょうか。
IMG_1117.jpg

数日前からの書類作成や会議の準備などで普段から使わない頭を動かしたのか
一気に気が抜けてまい、思うように動けない。
そうこうしているうちに子ども達は次々に帰ってきてわが道をゆく・・・・・
IMG_1116_20140821010140113.jpg

それでも昨日はありがたいことに、
送迎の日でもあったのでお昼寝してくれた下の子をお願いして
出掛け先でプチッと絵本の見直し。
付け足し、削り、付け足し・・・例えば音で表したり、言葉で表す方法だったり、
絵だけで伝わるようにひねったり・・・最初はなんとなくやる気にならなかった
作業でしたが、やってみると意外と面白い作業。
時間を忘れて楽しんでいました(^^ゞ
ただ心配なのは、パンダのぱなちゃんの絵かけるかなという不安。

帰りの車に乗り込んだ息子。
「あれ?これなぁに?」と言って出してきたのは助手席に置いた
手直し最中の絵本のコピー。
懐かしいなぁと眺めながら「かわいい」とにっこり。
えっ(~_~;)そうかな・・・・と母困惑。
当たり前ですが、大人の私たちが1年また1年と年をとるように
子どもも同じく年を経て、成長と共に幼さが抜けて思春期を迎えていくのだろうと
この絵本を手にとっても、「ああ」という程度だと思っていたのですが、
息子の成長ややのんびり???(+_+)
優しいからなのか、思春期がまだだからなのかと、そんな思いの母の心は知らず、
「これ好きなんだよ。」と、息子。
「え?だって絵本開いているところ見たことないけど」
「だって、どこにあるか分からないんだもん」
確かに。
絵本もキッズワークの本(子ども用教養的な本)も同じ棚に入り、
棚はすでにパンパンになっている。
そこに背表紙の無い手作り感あふれる絵本はどう考えても気づかない。
それは失礼しましたと、
「今作りなおしているから、楽しみにしていて」と伝えておいた。

正直「好き」と聞いてびっくり(゜-゜)。
彼は幼いころから強いこだわりがたいしてないのか親なのにキャッチできず、
なにごとも広く浅くの性格だったので(母の思い込み?)
絵本を読み聞かせしても特に反応もなかったと記憶。
でも、彼の中では何かしら感じていたのかな。
なんかちょっと嬉しい(^~^)♡
日々心が成長している・・・・息子。
成長過程の今、もうすこしスローペースでいいからと心の中でお願いし、
照れずに絵本を開けれるうちに完成させたい・・・・と心に強く思ったのでした。
とりあえず頑張ってる母の背中みといてぇ(笑)⤴⤴⤴
IMG_1023.jpg
「え?うヴぅ?なに。ちょっと違うって?」
IMG_1035.jpg
「いや、、、その猫背になっている背中を見てとは言ってないけど・・・・」
(困惑)(*_*;

それではまた~
良い一日を(*^_^*)

信じられないTVの映像(泥台風)に愕然。
広島県に知人はいませんが、
他人事には思えず、今日一日何度も
チャンネルを換えながら一人でも多く救われて欲しいと
ただひたすらテレビを食い入るように見ていました。
亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、
一人でも多くの方の命が救われこれから2学期を迎える子ども達の心に
温かい光が向けられますようにと切に願います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。